久留米広域消防日記

 令和4年5月22日(日)、平成24年九州北部豪雨から10年の節目の年に、うきは市総合防災訓練が4年ぶりに開催されました。
 この訓練は、梅雨時期を迎え、関係機関が相互に連携強化を図り、風水害への備えや被害軽減を目的として、コロナ感染対策を十分行った中で実施されました。当消防本部からは、久留米消防署の高度救助隊や浮羽消防署の救助隊をはじめ、大規模風水害対策車やドローン隊などの様々な車両と隊員が参加しました。